菊のピンク花と単衣など画像

これからの一年は雛菊のような可憐さと強さを取り入れて

先日の大雨では、多くの方が被災されました。

心よりお見舞い申し上げます。

被災された皆様に、早く元の平穏な生活が訪れますよう、お祈りします。

 ラインブラック

 

菊のピンク花と単衣など画像

 

こんにちは。FlowerAngelセラピールームの中山ユリカです。

暑くなったと思うとひんやり冷たい風に身震いしたり、の毎日です。

雨の日も晴れの日も自然というものに生かされて今、自分がいることを

感謝して過ごしたいと思います。


今日は、先回の続きで、「菊」を取り上げたいと思います。

先回は、大輪の菊のような、強く気高いイメージの花言葉を紹介しましたが、

このHPを訪問してくださるお客様には今回はもう少し参考になりやすい、

可愛らしい菊と花言葉を用意しました。

 

その今日のお花は「雛菊」です。

赤雛菊画像

英名ではデイジーともいいます。

ヨーロッパ原産で一重咲きのものから品種改良を経て、かわいくて華やかな

今の形になったそうです。長く咲くので「延命菊」とも言われています。

白、ピンク、赤、紫などいろいろな種類があります。

 

花言葉は、

「純潔」

「美人」

「平和」

「希望」

です。

先回の花言葉も、今回の花言葉も、

これからの私たちの一年のありかたにちょうどいいヒントになりそうなので

良いタイミングでご紹介できた!と思っています。

( 明日の午後、月は乙女座で新月となります☆ )

純潔という言葉は、たったひとりの尊敬し愛する方に

自分のすべてを捧げたいと願う心でとても純粋で素敵な言葉だと思うのですが、

私は日頃セッションをしていて、

「純潔の誓い」ということで、過去生で修道士、修道女など神仏に仕える

うえで自分に課した誓約の内容の一つ、というイメージが強くあります。

今のこの自由意思を尊重できる時代に、まだそれを過去生から引き続き

ご自身に持ったまま、気づかず恋愛の成就に悩んでおられる

そんなお客さまに接することも多く、そんなお客様には見えない縛りを

外してあげるようにしているのですが、

・・・なので、今回の花言葉の「純潔」は

「純粋」

とか

「清らか」

という言葉に置き換えたいと思います。

 

さて、今回の雛菊は、寄せ植えなどで見ても、脇役かな?とも思われてしまうかも

しれませんが、主張し過ぎず、長持ちで、可憐に咲くその様子はガーデニングには

なくてはならない隠れ主役級の花。

嬉しいことに、この夏の終わり、幸運の星、木星が乙女座に入り、来年の9月まで1年間、

その乙女座のエッセンスを加味しながら、私たちに幸運をもたらしてくれます。

お仕事、恋愛、ほかでも、この吉星からの幸せの気の流れを

毎日の生活に上手に取り入れることで、

よりHAPPYな出来事、幸せのシンクロをたくさん呼び込みましょう。

それには乙女座的なエネルギーからよいものを、ご自分の毎日に意識して

取り入れるとよいと思います。

たとえば、

・主張し過ぎず

 ( 自分の器以上に魅せる必要はなく、向上心を持って何かを学び日々に

 生かすのも吉です。 )

・自分の与えられた役割を着実に誠実にこなし

 ( 仕事などでも堅実さが信頼され、評価されます。 )

・前向きでにっこり笑顔

 ( 周りが心地よく感じる笑顔、挨拶はなによりあなたを美しく、清らかに見せます。 )

また、先回の菊の花言葉

「高貴」「高潔」からも、

・年相応の上品なふるまい

 ( 清潔感のある、TPOに合わせた品のあるふるまいや装い )

 も挙げられます。


また、乙女座さんとしては、整理整頓、きれい好きということも

あげられますから、お家の中のお掃除や片付けも、

普段以上に開運に効果ありといえると思います。

過日乙女座入りした木星に、今日、月が重なった後、

明日13日には月は太陽と重なり乙女座にて新月となります。


なんだかロマンチックですね。

明日は新月のデクラレーションも是非お試しください。



ラインブラック

今日最初に載せた画像は、今回「菊」を取り上げようと思ったときにすぐに浮かんだ思い出の品
を載せたくて、その品に手持ちの着物を合わせてみたものです。
このピンクの帯留は元はブローチで、山形県米沢市の紅花染めのつまみ細工の品。前にお仕事で
ご一緒していたかわいい女性からのお土産でいただいたものです。
気に入っていただけるかどうか・・・と遠慮がちにくださったその女性はとてもかわいい
お嬢さんで、明るい頑張り屋さん、皆さんに可愛がられる素敵な新人さんでした。いつも自分が
できることは何かと考えて頑張っていて。時にはその細やかな気配りから休憩室で涙することも
あったと思います。でも仕事中はそんなそぶりは見せず、お客様にも先輩方にもいつも笑顔で
対応していました。きっとこのお嬢さんはこれからさらに経験を積んでみんなから愛され、
リーダーになっていくひと。今もそう感じています。
「雛菊」を考えたとき、いただいたこの品が思い浮かび、ああ、雛菊って彼女のようだ、と思い
ました。可憐で清々しく、まっすぐな姿勢は私たち周りの気持ちもきれいにしてくれます。

思えば、お客様にもそれぞれに可憐なものをお持ちの方が多くて、私はいつも学ばせていただい
ているなあと思います。感謝します。

この疋田絞りの単衣には、秋は爽やかで少し濃いめの青や黄の帯や小物を合わせることが多いの
ですが、今回はこのかわいらしい雛菊のブローチ兼帯留を主役にしてほかを合わせてみました。

黄菊画像 (2)

9月9日は重陽の節句です

こんにちは。Flower Angel セラピールームの中山ユリカです。

台風の影響で、こちら東京も強い雨の一日となりました。

大雨にたいへんな思いで対応に追われている皆様、お見舞い申し上げます。

早く台風の勢力が弱くなって、これ以上の影響を与えずに去って行って

くれるよう祈ります。

金ライン画像

今日は、そんな中ですが、節句のお話をしたいと思います・・・。

黄菊画像 (2)

今日は9月9日で、重陽の節句の日です。

「菊」の節句ともいわれています。

 

菊尽くしで不老長寿や繁栄を願い祝う日、菊は日本の国花でもあり、昔は

重陽の節句はとてもおめでたく、大切な行事だったとのこと。

この9月9日は旧暦でのもので、今の暦で言うと、10月中ばくらい、いろいろ

なところで菊まつりなど開催されるころですよね。

今日はお天気も節句日和とは言えない日となりましたが、旧暦のころまで

「菊」を家で、外で、楽しみたいと思います。

そういえば、小さいとき、お風呂に菊の花が入れられていたことがあった

なあと思い出します。

あるときは長い草が束で入っていたり(これはどうも菖蒲湯ですね)、

大人になってみて思い返すと、それらは明治生まれの祖母がしていて

くれたことでした。

祖母はいつも何か立ち働いているひとで、「ねえねえ、〇〇ってなに?」と軽い

気持ちできくと、祖母たちの部屋から重そうに広辞苑を持ってきて、

「自分で調べて見なさい。そうすれば頭に入る。」と言う祖母でした。

私は「しまった、またうっかりきいてしまった!」と思いながら面倒くさそうに

横で調べ始めるのですが、祖母は忙しく動くひとなので、少し後にはどこかに

いってしまいます。

そうすると、私は調べるのをやめて、祖母に見つからないように、そーっと広辞苑

を元あった部屋に戻して、そして姿を消す・・・そんなよろしくない孫でした。

祖母は勉強や学ぶことに対しては厳しくて、ただでは教えてくれない、なかなかの

ものを持つひとでしたが、ほかのことではいつも優しくて、家事をしているか、

お仏壇の前で拝んでいる姿が浮かんでくるか・・・というような働き者で

真面目なひとでした。

その祖母はまだ健在です。

「菊」というと、白や黄色で大きい種類が浮かんできて、

「明治生まれの・・・」祖母をイメージしてしまいます。

金ライン画像

本題から外れた話を長く書いてしまいました。

今日取り上げた「菊」、花言葉は全体として、

「高貴」

「高潔」

「私を信じてください」

「女性的な愛情」・・・etc

と気高さと強さを感じさせるものがあります。

次回も菊を取り上げてみたいと思います。

手紙と鳥画像2

お客様から感想をいただきました。

 

いただいたご感想を「お客様の声」欄に掲載させていただきました。  ピンクハート画像

今回掲載させていただくお客様は、以前、スピリチュアルマーケットに出展していた際に御縁をいただいたお客様の紹介でご利用くださった方です。

以前のHPで感想をご紹介しているお客様も、このHPで感想をご紹介していくお客様も、皆さんそれぞれの個性は持ちながらも、あたたかくて、優しくて、よりよく生きたいと願う、純粋で美しい魂を持つ方ばかりです。

そのお客様の美しい魂に触れさせていただけること、また、その魂を本来の輝きに戻し より光を増していただくお手伝いができること、私はとても幸せです。

いただいたご縁に心から感謝します。

 

金ライン画像

 

皆様からいただく言葉、たいへん嬉しく何よりの励みになります。ありがとうございます。

お客様から御礼や感謝のお気持ちをいただくと恐縮してしまいますが、でもとても嬉しいです。

私もセッション中、お客様に喜んでいただいたらその分、いえそれ以上の喜びや感動の波動をお客様ご自身からいただいています。とても幸せでありがたいことだなあといつも感謝の思いでいます。

これからもよりよいものをお届けできるよう、精進していきます。

 

中山ユリカ