813a05c0bc889722daeed7abe9e437d3_s

幸せになる私たちのファーストステップ

 

こんにちは。

今日は、東京では花盛りは残念ながら過ぎてしまったかな、

秋の素敵な花、「金木犀」

をとりあげて、お話したいと思います。

 

先週は街全体が金木犀の香りに包まれてましたね。うっとりしてました。

 

813a05c0bc889722daeed7abe9e437d3_s

 

金木犀(キンモクセイ)の花言葉は、

『謙虚』『謙遜』『気高い人』『真実』『陶酔』『初恋』

 

今日はこの中の『謙虚』を。

 

金木犀はお花一つ一つはとても小さくて

地味かわいいオレンジ色で

葉っぱにも勝とうとしてない。

 

なのに

 

甘く気品ある香りは遠くの人まで酔わせ、

ひとは周りを見渡してしまう。

 

見た目と違って強い存在感です。

 

そのあたりから『謙虚』という花言葉がついたのですね。

 

『金木犀』、『謙虚』ときいてどう感じましたか?

 

感じること、は自由です%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88_%e3%82%9c

 

「とても素敵。香り好きだし、いいと思います(*^_^*)」

謙虚って言葉もいいんじゃないかな。と思ったひと、

どうぞそのままで %e3%83%8d%e3%82%b3%e3%80%81%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%84%e3%81%84%e3%80%81%e3%82%b0%e3%83%83%e3%83%89

 

『謙虚』って言葉に

微妙にひっかかるものを感じたひと、には・・・。

 

思うこと、感じることは自由だから、もちろんそれでOKです。

でももしそれでいやな思いや苦しい感じがしたならば、

こんなことは伝えられるかな・・・。

 

日本人の美徳としてあげられる『謙虚』さ。

素晴らしいふるまいだと思います。

でも、

あなたらしいこと、あなたが無理していないこと、がそれ以上に大事。

 

金木犀は木全体で見ると幹が立派でしっかりしています。

根も力強く大地に伸びていることでしょう。

金木犀は幹と根っこという土台がしっかりしています。

だから強く香ることができるんだよね。

 

私たちも自分の土台がしっかりしていれば、

知らない間に魅力はにじみ出ていることでしょう。

 

自分の土台とは、いろいろなものがあげられるけど、

大切なひとつをあげるとすれば

『自分が信頼できる自分であること』

 

でしょうか。

大切にしているペットのように自分を大切にしていて、

愛するひとへの想いと同じくらい、自分を愛していますと

にっこり言える自分であったなら、OK。

 

謙虚であるべき。

謙虚であったほうがひとから好かれるから・・・。

 

・・・ダメじゃないよ、でももったいない。

本当に謙虚なひとは、他人から謙虚なひとと思われるように、

とか、思っていないものね  %e3%83%8b%e3%82%b3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

いつも自分を大切にできているから

相手を大切にするふるまいになるんだよね。

 

「こうあったほうがいいはず」、「こうじゃなきゃ」

・・・ってフレーズで話している自分がいたら、

ちょっと立ち止まってきいてあげてね。

「わたしは心からそうしたいのかな?」って。

 

また、『謙虚』って嘘っぽくて私、やだ、と思ったひと。

それもアリです。自分に嘘ついていたら苦しいものね。

そのとき身近な誰かのことも思い浮かべていたとしたら、

どうしてそのひとを思い浮かべたのかな?

って感じてみるのもいいですね。

 

人間て、腑に落ちたとき、

なんだか楽しかったり嬉しかったりしますよね  %e3%83%8d%e3%82%b3%e3%80%81%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%84%e3%81%84%e3%80%81%e3%82%b0%e3%83%83%e3%83%89

 

幹は自分にあります。

 

幹がいつも自分にあってください。 (←日本語、大丈夫かな)

 

私たちが幸せになる1stステップは、「自分を大好きになる」ことです。